TEDxKyoto2012に参加して

TEDx(テデックス)ってご存じですか。

TEDの精神である「ideas worth spreading」(広がるべきアイデア) のもとに
世界各地で独立的に発足されているコミュニティです。

9月16日、京都で行われたTEDxKyotoにスピーカーとして参加しました。

私のプレゼンテーマは「好奇心のパワー」。
専業主婦から今の仕事を得るまでの、この10年間についてお話ししました。

講演を多数こなしている私は、人前で話すことには慣れていますが、
演台の前でスライド中心の90分の講演と、10分間のTEDトークは全く違います。

さらに、会社の引っ越しと新規事業立ち上げの時期とちょうど重なったこともあり、
今回の参加は、いろんな意味でチャレンジでした。

プレゼンの準備については、またいつか書きたいと思います。

会場は、京都大学の宇治キャンパス。
リハーサルのため前日に会場入りして、TEDxとは何か、すぐに感じました。

これは、お祭りなんです。

「広めるべきアイデア」を持っている人が、御神輿にかつがれるお祭り。

100人以上のボランティアスタッフがそれぞれのチームに分かれ、
それぞれ地味な仕事をこなしていますが、

笑いながら、時には写真を撮りあいながら。
みんなそれを楽しんでいる。

ファウンダーのJayをはじめ、外国人が多く、日本語と英語がいい感じでまざりあってます。

緊張の極みにいましたが、
現場に来てみたら「これはもう、楽しむしかない!」と思うようになりました。

楽しみながら、御神輿に乗ってみよう。

前日から当日まで、スタッフ、スピーカー、参加者、たくさんの方にお会いして、
徹底的に楽しみました。


前夜はホテルでウェルカムパーティをしていただきました。さすがにみんな話が面白い!


美人ロボット工学者アンジェリカ・リムさんと。


私の出番は4番目。「Have Fun !」と言いながらも、実は死ぬほど緊張しています。


緊張が溶けて、ランチパーティ。本荘修二さん、勝屋久さん、林信行さんなど、ソーシャル業界の有名人の方たちもたくさん来場し、国際的なネットワーキングが行われました。


会場内では京都らしく茶室が用意され、大人気でした。


ハングアウトでずっとプレゼンのアドバイスをしてくれていた山下まこみさんと。


最後はボランティアスタッフみんなが壇上に。


クロージングパーティも大盛り上がりでした。


京都のお漬け物を使ったお寿司。美味しかった!

 

TEDxとは、大規模な「シェア」である。
そう思いました。
広めるべきアイデアを、みんなの力で世界中のたくさんの人に広める。

シェアをし、つながる。

まさに、ソーシャルそのものの世界です。

大舞台でのプレゼンというチャレンジ。
たくさんの刺激的な人たちとの出会い。

2日間のTEDxKyotoで私は、うまく言えないけれど、何か大きなものを学びました。

もっと、大きな目標を持って、
もっとたくさんの人に役に立つことを、やろう。

そう思いました。

会場で、USTREAMで(最初スライドが開かないトラブルにひやひやしました!)応援してくれた皆さん、
本当にありがとうございました!

しばらくしたら、22人のプレゼン内容がYouTubeにアップされる予定です。

TEDxKyoto 前日の準備の様子の動画です。

関わったすべての方に感謝。