自社商品を世界に売る!〜チャットワーク山本敏行氏に聞くこれからのチームマネジメントと社長の役割

自社商品を世界に売る。

グローバルマーケットへの挑戦を続けている起業家がいます。

チャットワーク株式会社(Chatwork.Inc)の山本敏行さん。

yamamoto

自社開発したクラウド型ビジネスチャットツール「チャットワーク」をひっさげて、昨年アメリカ法人設立。単身シリコンバレーに乗り込み、社長自らがエバンジェリストとなってグローバル展開を進めています。

先月(6月)は台湾での記者会見のあと、ルクセンブルグの展示会に参加、ヨーロッパ展開の足がかりを作り、香港経由でシリコンバレーに戻るという精力的な活動を続ける山本氏。チャットワーク大阪本社のマーケティング担当池田雅春氏参加していただき、話を伺いました。

◎最近の「1週間世界一周プロモーション」について

◎チャットワークとは何か

◎シリコンバレー進出について

◎アメリカ、ヨーロッパ、アジア、それぞれのマーケットの違い

◎不在社長と社員のコミュニケーション

◎新刊『自分がいなくてもうまくいく仕組み」について

◎社員がそれそれ得意分野を活かす仕事をするには

ゲスト:
山本敏行氏
ChatWork Inc. CEO
1979年生、大阪出身。大学4年の時にLAに留学。ドットコムバブル全盛のアメリカで日本向けに会社を起業。
2011年に開発したChatWorkが好評だったこと、日本のサービスが世界のプラットフォームになったことがないことから、グローバル展開を決意。
2012年10以上あった事業を取引先に無償譲渡して社名を変更し、ChatWork事業に専念。自らシリコンバレーに移住し、日夜マーケティング活動に奔走している。

ブログ
http://siliconvalley.chatwork.com/

新刊『自分がいなくてもうまくいく仕組み」
山本さんの新刊。クラウドツール、知恵、そして考え方の転換で、自分がいなくても会社が回る仕組みについて書かれています。

その1

その2

その3

その4

その5

【編集後記】

山本氏とは2年ほどのおつきあいですが、会うたびに、いつも「覚悟」という二文字を感じています。

うまくいっている事業を無償で譲渡し、「チャットワーク」1本に絞って社名まで変えてしまう。

シリコンバレーに家族とともに移住してしまう。

投資のオファーをすべて断り、自己資本にこだわる。

わらしべ長者のように、チャンスをつかんで活動領域を広げていく。

「言葉」だけでなく「行動」がいつも伴い、その思い切りの良さにインスパイアされっぱなしです。

チャットワークというクラウドツールは、

「目的達成のために、徹底的に無駄を廃しながらも、コミュニケーションを大事にする」という考え方からきているもので、

ある意味、山本氏の生き方そのものなのだと感じました。

チャットワークの今後の展開を引き続き見守りたいと思います。