復興への願いを表現したあめが登場

日本伝統の「金太郎あめ」の技術を使った、オリジナルキャンディーを企画販売をする、
名古屋のまいあめ工房は、拙著「Facebookをビジネスに使う本」にもご登場いただいたユニークな会社。

このたび、社長の中村貴男さんが、
復興への願いをこめて作った特別のあめが完成した。

日本人の心をひとつに。「日本一心」という文字。

心の二つの点はハート。

まわりの七色は、未来へかかる虹。

きれいですね。

 

日本復興への願いを、伝統の飴職人の匠の技で表現した、
元気と勇気が出るあめです。

あなたのまわりの人に、

あなたの想いと一緒に配ってみませんか。

私も配ります。

 

購入はこちらから。

(代金3150円のうち、2000円は中日新聞を通し、義援金として寄付されるそうです)