データより実践〜3年ぶりの福井講演は人気YouTuber「カズ」さんとのコラボ

ちょっと前の話になりますが、
8月24日、3年ぶりに福井に講演に行ってきました。

前回は、Facebookが日本で普及しはじめて話題になっていたときで、
「ソーシャル」「Facebook」という新しいキーワードに皆が盛り上がっていた頃です。

あれから3年がたち、
「ソーシャル」「Facebook」もすっかり日本に定着した感があります。

今はどういうプラットフォームを使うか、ということより
そこにどういうコンテンツを載せていくか、に多くの人の関心が集まるようになりました。

ということで今回のテーマはYouTube。
福井県産業労働部産業政策課のお招きにより、中小企業の経営者の方を対象に、
「あなたの会社の良さを伝える動画セミナー」というタイトルでお話をさせていただきました。

1623702_779383215434250_5358228078680978277_n

この講演にあたり、
私の希望で、福井在住の人気YouTuber「カズチャンネル」のカズさんこと勝村和央(かつむらかずひさ)さんにお越しいただきました。

勝村さんって?
http://matome.naver.jp/odai/2139514441175931101

カズさんはYouTuberdeでありながら、「Webデザイナー」であったり「ブロガー」であったりして、
コンテンツ作りやインターネットでアクセスを集めるプロなのです。

拙著『YouTubeをビジネスに使う本』にもYouTube動画の拡散に上手にブログを使う事例としてご登場いただいています。

10423785_823443924357249_4373775959926613077_n

カズさんは、一見天然な感じなのですが、
されていることがよく練られている印象があるので、天然は世を欺く仮の姿?で実は戦略家タイプなのかなあと勝手に思っていたのですが、

思いっきり天然でした。。。

YouTubeもブログも、ものすごいPVがあるので、
データを常にチェックしているのかと思いきや、
何を伺っても
「あまり見ていないんです」「よく知らないんです」という答え。

参加者の吉田近さんが、

「先生が振るたびに「わかんないですね〜。」と、ご自分のデータにアバウトなカズさん!
結局地道に続けることが一番なんだ、と、教えていただいたように思います」

とコメントしていただいた通り、
データ云々を言っているよりもコンテンツをどんどん作ることが最も大事であると痛感させられました。

ちなみにカズさんは多いときで一日2回ほど動画をアップ、
そのたびにブログを書きます。
ブログは動画をアップロードしている間にささっと書いてしまうことのこと。

つまり一日で動画二本、ブログ二本を「生産」してしまうわけです。

その生産能力は脱帽であり、少しでも見習いたいところです。

参加者の遠山さんのブログに講演のことがまとめてありますのでどうぞご参考に。

http://www.tohdamikio.com/2014/08/youtube.html

ちなみにこの講座は全三回で、
今回の座学のあとは9月に「撮影編」、10月に「編集編」を行います。(講師は遠藤聡氏が担当)

実践的に動画制作を身につけたい方はぜひ。

お問合せ;
福井県産業労働部産業政策課
小規模企業支援グループ 松浦 潤氏
電話:0776-20-0367