新ネスカフェソング「La La, Smile 」福島版リリース。

「HAPPY 福島版」「Samurai Girl〜相馬野馬追」「Shoot Fukushima〜福島を撮る」と、昨年、福島をテーマにした動画を3本プロデュースした。

そして今日、初の企業コラボとなる「La La, Smile 福島版」が完成した。

thumb02_4

「La La, Smile(ララスマイル)」は、平松愛理さん書き下ろしのネスカフェの新CMソング

「笑顔が人と人をつなげて広がっていく」がテーマの曲で、サビの部分「ララララララララ〜」はテレビCMでもよく耳にするのでご存じの方も多いはず。

YouTubeに公開されているPVは独特の振付で、別所哲也さんや小山薫堂さん、落合シェフなど、ネスカフェにゆかりの深い方たちが踊る「HAPPYスタイル」のものだ。

同じダンス動画でも、すべてがフリーだったHAPPYとは違い、出演者が同じ尺で横にスクロールしていく形。

この動画の「地域版」の企画が持ち上がり、プロモーションご担当の方が「ぜひ熊坂さんに福島版を」と声をかけてくださったところからこのプロジェクトは始まった。

地域版として真っ先に福島に声をかけていただいたのは非常にうれしい。

震災4年目を迎える福島。福島のテーマは変わらず「復興」だ。

終わりが見えないテーマだし、人それぞれ立場も違うけれど、ここに住んでいて感じるのは、みな前向きに、そして着実に復興に向けて進んでいるということ。

今回の動画は、ふだんあまりスポットが当たらないけれど、日々がんばって働いていて、直接的そして間接的に復興の力になっている皆さんに積極的にお声をかけた。

工事現場、医療現場、農家、工場の作業員。清掃員の方。

「女性が元気な福島」らしく、起業家の女性もお二人登場。

福島の明日を担う若い人にも出てもらった。社会人になりたての会社員、一輪車を練習する小学生。

そしてもちろん福島の顔とも言えるタレント、なすび。パワフルなソウルシンガーShimvaもギターを持って登場。

「動物枠」?ではHAPPYでも大人気だった「赤べこ」がファミリーで出演、YouTubeの鉄板ネタであるネコたちも出演。

また菊人形で有名な二本松の菊むすめの皆さん、JR福島駅の観光案内の女性で観光福島の花を添えていただいた。

<出演者のご紹介(登場順)>

★仙健工業の皆さん
http://www.senken-k.co.jp/
JR福島駅の工事を夜間に行っている仙健工業の皆さん。工事は終電後の深夜0時からということで、撮影隊も夜中にお邪魔させてもらった。
このプロジェクトに参加できることを皆さん大喜びしてくださり、踊りもノリノリ。普段身体を使っているだけに、リズム感や膝の使い方が柔らかいのにびっくり。

★ソウルシンガーShimvaさん
https://www.facebook.com/Shimva?fref=ts
福島の人気ソウルシンガーShimvaさん。今回、HAPPY福島版にも出演してくれたかたが2名(と1匹)いて、そのうちの1人。
過去作「Samurai Girl」のテーマ曲もこの人が担当。パワフルで美人で歌唱力抜群、福島を発信する動画にはなくてはならないタレントだ。

★福島市観光コンベンション協会のおねえさん
http://www.f-kankou.jp/
福島の玄関口、JR福島駅西口の改札前にある観光案内所。その受付のおねえさんにご出演いただいた。

★ラジオ福島の皆さん
http://www.rfc.jp/
有名パーソナリティ菅原 美智子さん、大和田新さん。そして社長の本田さんは、得意のスイングで「ナイスショット!」

★菱沼農園の皆さん
http://xn--hdsz71chnq6xk.com/
福島といえば果物。もも、なし、ぶどう、様々ありますが、実りの秋が終わった今はりんごの季節。
そんなりんごを出荷する作業中の菱沼農園の皆さんは、踊りの腕のしなやかさが一味違う。

★パワーシティーピボットスタッフ&J-TEC 清掃作業員の皆さん
http://www.jr-tss.co.jp/01.files/04fukushima.shtml
JR福島駅周辺で働く皆さん。とても踊りのノリとセンスがあり、振付けもすぐに覚えていただいた。
とくに女性たちのパワーにただただ圧倒。

★コーヒー大好き女子 あかねちゃん
かわいい系女子担当、あかねちゃん。独特の動きと素敵な笑顔で動画に花を添えていただいた。
本名は斎藤茜さん。福島でフリーランスのデザイナーをしている。

★ロードバイクチーム「まげでらんに」の皆さん
あづま運動公園の紅葉はとても綺麗で、撮影場所のイチョウ並木も一面黄色に。
もう紅葉は終わりごろだったが、福島のロードバイクチームの皆さんの笑顔も負けず劣らずGOOD。

★株式会社アポロガスの皆さん
http://www.apollogas.co.jp/
新入社員の研修としてラジオDJを体験させるなど、ユニークな新人教育で有名なアポロガスさん。
その研修の成果か、若手社員の皆さんは実に堂々とした踊りを見せてくれた。

★ねこカフェ「あいきゃっと」ニャンズの皆さん&スタッフの皆さん
http://www.ai-cat.jp/
ねこが画面に映るだけで思わずにんまりしてしまうので、「動物は鉄板」という金言もうなずける。
ラテくん(♂)には撮影のために得意のジャンプを何度も披露してもらいました。お疲れ様でした!

★自宅でパン屋をはじめた 蒲倉さん(自家製酵母パン「かばくら」蒲倉紀子さん)
女性起業家の蒲倉さんは自宅の一角を改装し、安心して食べられる手作りパン屋さんを開業。
営業日は週末だけというプレミア感も相まって、開店から行列ができる人気店となっている。

★赤べこファミリー
HAPPY福島で反響があった赤べこが、今度はファミリーで登場。

★国立病院機構 福島病院 産科・NICUの皆さん
http://fukushima-hosp.com/
「医師不足の相馬地区にこども病院を」という大きな志を持ち、先日病院設立基金の一部のクラウドファンディングを成功させた河村真医師が医長をつとめる病院にて。
夜勤明けの看護師さんも含め、みなさんパワフルな踊りを見せてくれた。

★菊むすめの皆さん with 二本松市長&観光協会長
二本松新野市長
http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/soshiki/4/1735.html
安齋観光協会長
http://www.nihonmatsu-kanko.jp/kikuningyo.html
二本松といえば菊人形、そして、菊むすめ。二本松城址で開催された「紅葉まつり」にお邪魔して、特別に撮影させていただけた。
菊むすめたちも素敵だが、ポーズをとった後の楽しそうな笑顔にも注目してみてほしい。

★株式会社福一屋 包装資材メーカー「福一屋」工場の皆さん
http://www.fukuichiya.co.jp/cgi-bin/index.cgi
有名コンビニのお弁当のパッケージなどを印刷する「福一屋」の作業員の皆さん。
ピカピカの印刷機械に囲まれて、大勢にもかかわらず息の合ったダンスを披露してくれた。

★なすびさん
言わずと知れたなすびさんは、福島の顔。撮影地の信夫山は福島市民に愛される小さな山で、その頂上の「烏が崎」は、街が一望できる絶景スポット。
エベレスト登頂に幾度もトライしているなすびさんは、やはり山が似合う。絶壁の岩の上にもかかわらず軽快に腰を振っているさまは、さすがです。

★余目一輪車クラブの小学生の皆さん
https://www.facebook.com/amarume.unicycle.club
2012年に中学生チームが世界大会優勝した名門「余目一輪車クラブ」の子どもたち。練習場所の保原小学校にお邪魔して、撮らせてもらった。
一輪車に乗ったパフォーマンスがは大人顔負けで、音楽にあわせての演技はほぼ一発OK。

★どら焼き「丹坊」の皆さん
http://tanbou.jp/
女性社長の丹治さんはじめスタッフがみな女性のどら焼き専門店「丹坊」。ここの落花生どら焼きは絶品です。
撮影中に小雨が降り大変ななかでも、一生懸命撮影に協力していただき、ありがとうございました。

★カフェ「Merci nord-est」の皆さん
https://www.facebook.com/merci.nord.est
女子に人気のあるおしゃれなカフェにて、ダンスがうまい店長と、個性的なキャラのスタッフさん。
二人ともとってもノリがいいので、笑いの絶えない撮影現場でした。

では、「La La, Smile 福島版」ぜひご覧ください。

(気に入ってくださったらぜひシェアしてくださるとうれしいです)