「モーニングCROSS」初コメンテーターで大汗、そして第一原発の取材記事が「ヤフートップ」にのった話。

4度目の3.11。その日私は東京にいました。

堀潤さんがメインキャスターをされている朝7時からのMXテレビのニュース番組「モーニングCROSS」に出演するためです。

福島特集をするのでということで呼ばれ、『はじめての福島学』の開沼博さん、「現代ビジネス」の編集長・瀬尾傑さんとともに出演させていただきました。

IMG_1626

その二日前、私は「ヤフーニュース個人」の取材で福島第一原発に入ったので、その話を中心にするつもりでいました。福島の話だけすればいいのだと思っていたのです。

ところがモーニングCROSSはニュース番組なので、いろんな話題を扱います。

いきなり「Apple Watch」の話を堀さんから降られそこではじめて、自分は「コメンテーター」という立場だということを知ったのです(ほんと馬鹿ですね)。

ニュース番組出演は昨年NHKの「NEWS WEB」で経験していますが、そのときはあくまで福島で動画で発信している人というゲストの立場。

私の中では、コメンテーターは何をふられてもソツなく答えたり、鋭い視点を言ったりする人で、豊富な知識と専門性と頭の回転が速くてしゃべりもうまくて・・・自分とは違う世界、まったく他人事でした。

両隣の瀬尾さんも開沼さんはさすがにすばらしいコメント。

カメラが回っているのに心の中は冷や汗、もう、開き直るしかありません。

1時間半、長かった。。。。

さて、その日はもうひとつ大事な仕事がありました。

ヤフー個人の第一原発の取材記事をその日じゅうに書き上げてアップしなければならなかったのです。

福島に帰ってゆっくり書くことも考えましたが、電車に乗っている時間がもったいないためカフェを探してPCを開きました。

今回は扱うテーマがテーマだけに難しい記事です。

一番の問題は、どういう立場で書くか、ということでした。

原発の今の詳細ついては、同行したほかのオーサーの方たちにお任せしようと思いました。

福島在住で、「HAPPY福島版」を撮った、私にしか書けないことに集中しよう。

知ったかぶりをせず、誰かを責めず、未来を向いて書こう。

そう決めて、ほぼ一日かけて書いた記事がこれでした。

第一原発の中に入って改めて考えた「福島のHAPPY」

カフェを出て、一件打ち合わせをして福島の自宅に戻ったのは夜10時半。

さあ、お風呂に入って寝ようと思ったらスマホのFacebookからお知らせ通知。

友人がコメントで、記事がヤフートップになっていることを教えてくれたのです。

10365719_834251859944057_5263921238865584290_n

さらに、ヤフートピックスに私の活動が紹介されていました。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6152641

大雨の中、往復5時間運転して一人で原発まで行き、防護服を着ての取材は正直大変でしたが、

たくさんの人に記事を読んでもらったことで、疲れもふっとびました。

故郷に帰ってきて1年半、いろんな形で福島から情報発信をしてきました。

誰に頼まれたわけでもなく、いろいろやっているうち、なんとなく自分の「持ち場」が見つかってきたというのが正直なところです。

ブログでも、ソーシャルでも、動画でも、どんな形でもいいから、

引き続き、自分の立ち位置から、伝えたいことを形にしていこう。

4年目の311に改めて感じたことです。

追記:
「モーニングCROSS」ですが、視聴者の方から好評だったとのことで、また4月、出演させていただくことになりました。

次回はうろたえないように頑張ります。