美しすぎる女子大生が踊る「花見山動画」ができるまで

この4月から、福島県の公式YouTubeチャンネルの制作チームにアドバイザーとして関わらせていただくことになりました。

福島の魅力を動画で広く伝えることを目的とした県のチャンネルのお手伝いができることはとても光栄なことで、わくわくしています。

制作チームは若いクリエイターが中心となり、様々な角度から福島の今を伝える動画コンテンツを作っていくことになりますが、早速、その1作目が公開されました。

「福島の春」をテーマに、福島市の花見の名所「花見山」の美しさを伝えるもので、満開の花を前に女子大生が踊っています。

使用曲はニコニコ動画の人気曲「神のまにまに」。ジャンルとしては、初音ミクなどの「ボーカロイド」(電子音楽)を使った「踊ってみた」動画になります。

IMG_2020

hanamiyama

花見山は、日本を代表する写真家・秋山庄太郎氏をして「福島に桃源郷あり」と言わしめたほどフォトジェニックな場所。

有名な観光地になっていますが、もともとは花木農家の阿部一郎さん(2013年に死去)の自宅の裏庭、つまり個人宅を一般解放したもの。阿部さんの生涯を通じ、50年もの年月をかけて作られたものです。

花見山公園 公式ホームページにストーリーが載っています。

さて、覚悟はしていましたが、この花見山でダンス動画を撮るというのは想像以上にハードルが高いものでした。

まず一つは、人出があまりに多いのです。

小さな山に、それも数週間の間に20万人が訪れる花見山は、日の出から日の入りまで人影が絶えることはありません。

朝の5時でもたくさん人がいるという状態。

しかもほとんどが狭い山道で、踊りに適した平坦で広い場所はほとんどありません。

そんな中、いくら撮影とはいえ眺めのいい場所を占領して人の流れを止めることは大迷惑となります。一瞬を捉えるスチル撮影ならまだしも、音楽自体が3〜4分かかるダンスの撮影は日中は事実上不可能。

やるとしたら早朝の1時間ほどを狙うしかなく、わずか数分の動画を撮るにも1日ではとても撮影は終わりません。

もう一つは天気。

この時期は天気の安定しない時期でもあります。実際、今年は満開の時期は曇天か雨という悪天候でした。

快晴で撮るのと、曇りで撮るのとでは動画の仕上がりに格段の差が出ます。

しかしキャスティングするためには長期予報を頼りに日程をFIXしなければいけません。

「雨につき延期」ということも不可能ではありませんが、そうこうするうち花の見頃が終わってしまいます。

しかし、世の中すべて「ダメだと思ってからが本番」。

「花見山でダンス動画を撮りたい」というみんなの執念が通じたか、この二つの大きな問題を奇跡的にクリアすることができたのです。

まず人出については、現地に何度も足を運びロケハンを重ねた撮影スタッフが、人の少ない「穴場」を発見したことで解決しました。

花見山に穴場なんてあることが最初は信じられませんでしたが、連れて行ってもらったときには私も驚きました。

スクリーンショット 2015-05-03 13.53.00

ここなら早朝撮影ではなく、日差しが明るい日中でも撮影可能。

実際、撮影の時にはほとんど人の通りはなく、観光客の方にご迷惑をかけずに撮影を敢行することができました。

撮影スタッフ、大金星です。

そして天気。

ご縁をいただき踊ってくれることになった「美しすぎる女子大生」中川愛理沙さんは福島生まれ、東京在住の大学2年生です。

「美人」「カワイイ」よりも「美女」というのがふさわしい佇まい。

それもそのはずお母様は元パリコレモデル。ご自身もモデルとしてソニーなどのCMにも出演されています。

そして、大人の事情で公にはできないのですが、彼女はある分野で日本一となったすごい人なのです。

そんな多忙な中川さんですが、縁の深い福島の発展のため、ということで東京から来ていただくことに。

さすがに複数候補は取ることができずその日限りの「一発勝負」でした。

しかし撮影日に近づくにつれ、天気予報はどんどん悪くなっていきます。

撮影日の数日前から曇りの予想が雨に変わり、前日は大雨、これが翌日午前中まで続くとの予報。

でも、予報はどうあれ、私は絶対に晴れると信じていました。

きっと晴れる。絶対に晴れる。

なぜかそこは全く疑いませんでした。

そんな状況で迎えた当日の朝。

朝早く目覚めると空が明るい。

やっぱり(笑)。

結果、びっくりするぐらいにきれいに晴れ渡り、青空輝く花見山で中川さんに踊っていただくことができました。

IMG_2017

驚いたのは、中川さんを駅で見送った直後、再び天気が大幅に崩れ大雨となったこと。

まさにこれは奇跡と言っていいでしょう。

花見山を作った故・阿部一郎さんに見守りいただいたのかな、なんて勝手に思っています。

そして、まるで天女が舞い降りたかのような中川さんの美しさに、神様が撮影の便宜を図ってくれたのでしょう。

スクリーンショット 2015-05-03 14.20.29

「美しさ」というのは一つの才能とよく言いますが、

百花繚乱の花々に負けていない中川さんの品格のある美しさにチーム一同、見惚れながらの撮影でした。

スクリーンショット 2015-05-03 13.23.52

スクリーンショット 2015-05-03 13.33.26

1年のうちのわずかな間だけ色とりどりの花を咲かせる花見山の木々たちと、10代の美しさ満開の中川さんのコラボレーション。

たくさんの皆さんの協力のおかげでそんな貴重な瞬間を捉えることができました。

花見山の見頃はそろそろ終わり、静かな山に戻ります。

次はまた1年後。

花は散るからこそ美しい。

花見山を見たことがある人も、見たことがない人も、ぜひこの動画をご覧いただければうれしいです。

バレリーナでもある中川さんの華麗なジャンプも見所です。

↓ ↓ ↓【春の福島】花見山で「神のまにまに」踊ってみた