祝!なぜかブロックできない不思議なFBスパマー「年収1億円ブロガー川本真義氏」を撃退できた模様

Facebookに公開投稿するたびに真っ先にやってきて、以下のような宣伝コメントをする「年収1億円ブロガー川本真義」なるスパマーにここ数ヶ月悩まされていました。

スクリーンショット 2015-07-16 09.54.48

文脈を全く無視した同じ内容を、アクセスの多そうなところを狙ってつけまくる典型的コメントスパム。

最近さらに勢いを増していろんなところで迷惑がられているようです。

ちなみに川本氏ってこんなビジュアルの方。
スクリーンショット 2015-07-16 11.38.59

Facebookのコメントスパムはこれまでもたくさん見てきましたが、こんなケースは初めて。

というのは、Facebookには「ブロック」「報告」というスパム対策機能があるわけですが、これがなぜかこの人物に関しては全く効かないのです。

もしかして「Facebookのセキュリティをくぐり抜けるシステム」をこのスパマー氏は持っているのでしょうか。

だとしたらある意味すごいのですが、なにしろ毎回、投稿するたびなのでとにかくうざったい。

少し前になりますが、ブロガーのイケダハヤトさんもこんな記事を書いています。

年収1億円ブロガーの川本真義さん、フェイスブックのコメントスパムをやめてください

でも、なぜかブロックできないんです!マジで泣ける。なんなのこれ。いつ試してもこの「ブロッキングシステムに負荷がかかり過ぎています」のエラーが出ます。この人、どんだけ負荷かかってるんですか。ブロックされすぎると逆にブロックされない、という裏技があるのかもしれません…。

私も「いい加減にしてください」とコメントを返したり、Facebookに何度も報告もしたり、やれることはやりましたが効果なし。

イケダさんの記事にある通りに「愛のないコメントはいりません」とFB上でメッセージしようとしたら、共通の友達がいないため「メッセージを送るには有料です」という警告が。

共通の友達はかつてはいたのですが、このスパマーとつながっているということで友達削除してしまったのでした。(今思えば早まった)

もちろん、お金払ってまでスパマー氏にメッセージを送る気はなく、万策尽きて、「あきらめ状態」になっていたのです。

最近はもう中東ターバンを見るだけで「一億円ブロガー」を連想するにまでなってしまいました。

スクリーンショット 2015-07-16 11.03.42
(↑ミラノ万博のアラブ首長国連合パビリオンでの自虐的なFacebookの投稿。仲間には大受けでしたが。。。)

そして昨日も、またいつものようにやってきたスパムコメントを見て、「そうだ!」とあることを思いつきました。

向こうがコメントスパム攻撃なら、こちらもコメントスパム攻撃をすればいいのだと。

そこで、つけられたコメントをそのままコピペして、川本氏のページに行き、最新の投稿に連続コメントしたのです。

スクリーンショット 2015-07-15 23.20.47

間髪入れずの連打。

5回目になり、こんな警告が出ました。

スクリーンショット 2015-07-15 23.20.24

やった!ついに向こうが私をブロックした!

いちおうFacebookの中で先方の名前を検索して確認。

スクリーンショット 2015-07-16 10.35.57

はい、めでたくブロックされています♪

一夜明けて、今朝の投稿にはコメントがされてませんでしたので、なんとか撃退できた模様です。

これでわかったことは、このスパマー氏、人のブロックは許さないのに、自分は速攻ブロックするという特徴があるということです。

なので、このスパムに悩まされている方、その特徴を利用して私のように先方からブロックされるように仕向けるのが良いと思います。

イケダさんの方法でもいいですし、共通の友達がいない人は、私の方法をご参考に。

この「逆スパム攻撃」のリスクとしては、たとえ相手がそんな人物でも、曲がりなりにもFacebookにスパム報告されたわけですから、こちらのほうが「問題アカウント」と見なされて機能制限される、というのはあり得ます。

理不尽な話ですが、でもそれぐらいのリスクを取らないと、この悪質スパマーには対抗できないと思います。

(ちなみに、私は機能制限は今のところ見られません)

インターネットの歴史はスパムとの戦いの歴史でもあり、それはソーシャルメディアの世界でも同じ。

必ず「穴」を見つけてくぐろうとする輩が現れ、永遠に終わることのないイタチごっこがこれからも繰り広げられるのでしょう。

そのうち、「ブロックした人にもスパムを送れるボット」を誰かが開発するかもしれませんが、それまでしばしの平和を享受することにします。