Instagramの月間アクティブ利用者数が4億人突破

ローンチからもうすぐ5年を迎える画像共有アプリ「Instagram(インスタグラム)」の月間アクティブ利用者数が4億人を突破したという発表がありました。

Celebrating a Community of 400 Million(Instagram blog)

3億人を突破したのが昨年の12月なので、約9ヶ月で1億人の増加。2億人の発表(2014年3月)から1年半で倍になったことになります。

75%の利用者が米国外(前回発表は70%)で、最近増加した1億人のうち半数がヨーロッパとアジア。特に利用者を伸ばしている国として、ブラジル、インドネシアとともに日本も挙げられています。

一日に投稿される写真の数は8000万。前回の7000万から1000万も増えていますね。

伸び悩んでいるTwitterとは対照的な勢いをみせるInstagram。

スマホで撮った写真を簡単にカッコよく加工できるので、自己表現の幅が広がるのが魅力の一つだと思います。

ブログでは特徴的な写真や最近の人気ユーザーを紹介していました。

スクリーンショット 2015-09-23 06.59.22
http://blog.instagram.com/post/100074418697/pamukkale

デビット・ベッカムとか、トニ・クロースなどサッカー選手が名を連ねています。

日本でも、Instagramをやったらフォロワーを爆発的に集めそうな選手がたくさんいると思います。ぜひやってほしいですね。
(個人的には、ヤンキースの田中選手にやってほしいと思います)

Campeonesssssss !!!!!!!!!! Vamossss carajooooo

Leo Messiさん(@leomessi)が投稿した写真 –


メッシのこの写真には200万いいね!がついてます。