ロンドンで311震災イベントと日本酒セミナーに参加してきます。

3月9日から15日までロンドンに滞在し、現地で震災イベントやオックスフォード大学での日本酒セミナーに参加することになりました。

きっかけは、福島県が企画している酒蔵ツーリズム動画(3月完成予定)の出演者で、ロンドン在住のコンサルタント・吉武理恵さん。

吉武さんは、「酒サムライ」という海外向け日本酒振興団体のロンドン代表もされています。

暮れに行った酒蔵ロケで意気投合し、5月ぐらいにロンドンにいらっしゃいませんか、とお誘いを受けたのですが、思い立ったら吉日の私、5月まで待っていられず、311のイベントがあるということで前倒しに訪問することになり、
その前後に行われる様々なイベントにお誘いいただいたというわけです。

たまたまその時期、吉武さんがオックスフォード大学から日本酒セミナーを依頼され、それに同行できるのはラッキーでした。

1934130_1537422666574370_1611724958010678240_n
吉武さん(中央)、吉武さんを紹介してくれた、私の従姉妹で福島市唯一の酒蔵「金水晶」の斎藤美幸常務(左)と3人で。

IMG_5426
「大和川酒造店」(喜多方市)の9代目当主・佐藤彌右衛門氏と。

現地での予定はこちら。

◇3月10日 オックスフォード大学で行われる吉武さんの「日本酒セミナー」に同行

◇3月11日 日本大使館での311震災イベントに参加

◇3月14日 震災メモリアルコンサートに参加

上記すべてのイベントで「福島の酒」が供されるということで、皆さんの反応が楽しみです。

私も「金水晶」をトランクいっぱいにつめて持っていきます。

ロンドンは、高校3年生の夏、3週間の語学留学をした懐かしい場所。

それ以来なので、いったい何年前なのか、怖くて算出できませんが、たしかあのときはStar Warsが全盛で、語学学校で一緒だったイタリア人の女の子と「サタデーナイトフィーバー」を映画館に見に行ったことだけは鮮明に覚えています。

まるで前世の出来事のよう(笑)

人生は短いようで長いですね。

今回の旅のテーマは、「海外での311の捉えられ方」そして「日本酒の海外市場での可能性」。

福島を外から見ることで、また見えてくるものがあると信じています。

今回の旅(と言ってもずっとロンドンですが)見たこと、感じたこと、学んだことをできる限り、コンテンツにして発信をしたいと思います。