オックスフォード大学での「福島のいま」スピーチ全文(日英)

3月10日、酒サムライおよび英オックスフフォード大学の日本研究グループ主催のイベント「Oxford Meets Fukushima」が、同大セントヒューカレッジにて開催されました。そこで10分ほど時間をいただき、福島の現状と、自身の動画の取り組みについて話をさせていただきました。
(セントヒューカレッジは、スーチーさんがいたことで知られるカレッジです)

マイムービー

01
今回、チャンスをいただいた酒サムライ吉武理恵さん(左)福島県人会「しやくなげ会」会長の満山喜郎さん(中央)

http://www.sankei.com/photo/daily/news/160311/dly1603110012-n1.html

130人以上の方にお越しいただき、大盛況に終わりました。

10272717_1130424280325877_7781476947140610975_o

以下、スピーチの全文です。(資料は福島県提供)

Hello, my name is Hitomi Kumasaka from Fukushima.
I’m the author of several books on social media, and give public speeches on social media in Japan.
In 2013 I moved to Fukushima, which is my hometown, from Tokyo.
Sicne then, I started to create YouTube video about Fukushima.
You can watch them on the Official Fukushima Youtune Channel and also my own channel.

こんにちは、熊坂仁美と申します。福島からやってきました。
ソーシャルメディアに関する本を書いたり、講演を行っていますが、2013年に故郷である福島に移り、以来福島に関する動画を作っています。
福島県の公式YouTubeチャンネルや私個人のチャンネルでご覧いただけます。

Today I would like to talk about the current situation of Fukushima.
Before that, let me explain what happened in Fukushima 5 years ago.

今日は、皆さんに現在の福島の状況についてお伝えしたいと思います。その前に、5年前、福島に何が起きたかを説明させてください。

Fukushima is a northern part of Japan, 200 kilometer from Tokyo.
It is large prefecture that spreads from east to west.
Fukushima is the typical countryside , with full of beautiful nature, It’s very a relaxing and peaceful place with friendly and honest people.

福島は東京から200キロほど北に位置していて。東西に広がる広い県です。
典型的な田舎で美しい自然に恵まれ、平和でのんびりしていて、人はみな親切で正直です。

But the tragedy happened suddenly. on March 11th, 2011. A magnitude 9 earthquake struck, and was followed by a 10 meter tsunami. Houses and Buildings were destroyed and many people lost their lives.

でも悲劇は突然やってきました。
2011年3月11日、マグニチュード9の大地震が起きて、10メートルを超す津波に襲われました。建物や家は倒壊し、流され、たくさんの人が亡くなりました。

What’s more, the tsunami knocked out the electricity to the nuclear reactors causing a loss of cooling function, which resulted in explosions in the reactors.
It was an nightmare. All of the worst-case scenarios were realized.

さらに悪いことに、津波が原子力発電所の電源に直撃し、冷却機能を失った原発は次々に爆発しました。
それはまさに悪夢でした。すべての最悪のケースが現実のものとなったのです。

2016_Fukushima5.004

Since then Fukushima has been struggling to overcome the impact of thes disaster.
Thanks to the overwhelming support from so many people all over the world, including people in England, we are on our way to recovery.

それ以来、福島はこの最悪の状況から抜け出すべく奮闘しています。
おかげさまで世界中のたくさんの方からの大きな応援のおかげで、もちろん英国の皆さんを含めて、私たちは復興しつつあります。

These are the radiation levels in Fukushima directly after the disaster.
And These are the current radiation levels.
You can see that the radiation levels don’t differ from those of the rest of the world.

これが事故直後の放射線レベルです。そしてこれが最近のもの。
ほかの都市と比べてほとんど変わらないのがおわかりいただけるでしょうか。

2016_Fukushima5.008

2016_Fukushima5.009

Even now, nearly 100,000 people have been still evacuated, but the evacuation area is getting smaller all the time, and is now down to 7%.
Which means 93% are leading normal lives there.
I’m one of them. I now live there with my 84 year old mother. We have a very comfortable and healthy life.

もちろん今も、10万人に近い人々が避難を余儀なくされています。しかし、避難区域はどんどん小さくなりつつあり、今では全体の7%になりました。つまり93%の県民が、以前と変わらない生活をしているのです。
私もその一人です。私は今、84歳の母と暮らしていますが、とても快適で健康的な毎日を送っています。

2016_Fukushima5.011

However, it’s not easy to change negative perceptions surrounding Fukushima.
Please look at this.
This is the result of image search of the keyword “Fukushima” on Google.
As a resident, it’s not Fukushima. No, definetely not.
Even within Japan there are many misunderstandings regarding Fukushima.

ただ問題なのは、人々の福島に対するイメージを変えるのはそう簡単ではないということです。
これを見てください。「福島」というキーワードのグーグル画像検索の結果です。
住民から見て、これは福島ではありません。全く違います。
日本国内でさえ、福島に関して、こういった間違った理解がされているのです。

2016_Fukushima5.012

So I decided to show to the world the true life of Fukushima.
That’s why I started to create video.
The first one is a “HAPPY”.
It’s dance cover of , Pharrel Williams’ “HAPPY”
It was a huge hit on YouTube, and many towns were creating their own versions. Of course, this happened in England as well and there is a London version.

そこで私はいまの福島を世界に伝える動画を作ることにしました。
最初の動画は「HAPPY」のダンスカバーです。
2014年当時、ファレル・ウィリアムズの大ヒット曲のダンス動画がYouTubeで流行りました。世界各地でご当地バージョンが作られ、もちろん英国でも作られました。オックスフォード版は見つけられませんでしたが、ロンドン版はあります。

Let’s take a look.It’s the “Happy” Fukushima Version
どうぞご覧ください。

People were joyfully dancing to “HAPPY” so this became big news. It was picked up by BBC Brazil, RT.com, and a variety of other news outlets. The video went viral and now has over 1,000,000 hits on YouTube.
It received many comments from around the world.
Most of them are supportive but some negative comment such as “ Fukushima is Happy ? Are you crazy ? Maybe radiation contaminate their brains ! “
“ It’s propaganda of Japanese government or Tepco.”
“They must pretended to be happy. How pitty they are !”

あの深刻な津波と原発事故の被害を受けた福島の人々が、HAPPYダンスを楽しそうに踊っているということでニュースになり、BBCブラジルやRT.comなどたくさんのメディアに取り上げられました。この動画はバイラルして、YouTubeで100万回を超えました。世界中からたくさんのコメントをいただきました。ほとんどが好意的なものでしたが、なかにはネガティブなものもありました。
「福島がハッピーだって?頭おかしいのか?放射能で脳みそが汚染されたんじゃないのか?」
「これは日本政府や東電のプロパガンダに違いない」
「彼らは幸せのふりをしているにちがいない。なんて哀れなんだ!」

The dancers are not pretend to be happy. it’s all natural.
I did’t say to them “ Please pretend to be happy. Nor please make happy face.
All I said to them was “ Cool move, please”

もちろん、踊っている人たちは幸せを装ってなどいません。全部天然です。
私は彼らに「幸せのふりをして!」とも言っていないし、「幸せな顔を無理やり作って」とも言っていません。
彼らに言ったことはひとつだけ「カッコよく踊ってください」。

Now I’ve made a variety of videos to show off the charms of Fukushima. The most recent has followed the theme “Sake.”
I myself am a big fan of Sake of Fukushima. I drink every day for dinner.
It’s so good !
In the second part, we’ll taste some sake from Fukushima. You are so lucky !
Please enjoy yourself. I hope you like it.

Thank you very much.

いま私は、福島の魅力を伝える動画をいろいろと作っていますが、最近のテーマは「日本酒」です。
私自身が福島のお酒の大ファンなんです。何しろ毎日夕食にお酒を飲んでいるんですよ。
とても美味しいんです!

第二部では、みなさんに福島のお酒を楽しんでいただけます。これはラッキーですよ。
是非、楽しんでください。気に入っていただけたらうれしいです。
ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーー

思いがけなく大役を仰せつかり、ドキドキでしたが、なんとか無事にミッションを終えることができました。
そしてなんと、このあとすぐ、オックスフォード大学から福島に関してのニュースレターの執筆を依頼されたのです!
もちろん、喜んでお受けするつもりです。

今回のことが福島の風評払拭に少しでもプラスになれたらうれしいです。