マドンナも通う日本食レストラン「UMU」石井義典シェフがつくる「東北応援」懐石

今回のロンドンでは、懐石レストラン「UMU」(ウム)の総料理長 石井義典シェフとの出会いがありました。

UMUは元英首相ブレア、マドンナ、ミック・ジャガー、ユマ・サーマンにペネロペ・クルスなどなど、セレブたちが通う現地では超有名な高級レストランです。

本来なら私など行けるようなレストランではないのですが、今回私が訪ねていったビジネスコンサルタント吉武理恵さんが石井さんと懇意にしてるため、幸運にもご紹介いただいたのです。

ロンドン2日目、世界のセレブが通う日本料理店に連れて行っていただけるということで、心ときめきながら吉武さんの後をついて行きました。

ロンドン中心部の高級住宅街メイフェア地区。UMUがあるのはその一角、石造りの建物が続く路地の奥にあります。

P8450042

入り口はこんな感じで目立つ看板はありません。

P8450043

よく見ると呼び鈴?らしきものがりました。

P8450045

いただいたのはお魚中心の懐石弁当ですが、「え、こういう和食をロンドンで食べられるの??」と、びっくりするぐらい美味しかった。

でも使っている食材は聞いたことのないお魚ばかりなんですよね。

現地で手に入る新鮮な魚を選び抜いたという努力が伝わってくるお料理でした。

P8450050

昼間ですが日本酒を少しいただきました。こんなオシャレな演出。

P8450046

石井さんです。

P8450051

石井さんの料理人としての輝かしいキャリアと挑戦は、いろんなところで紹介されています。先日は朝日新聞の「ひと」にも紹介されてましたね。

>料理の専門学校を卒業後、老舗料理店「京都吉兆」嵐山本店に就職、副料理長まで昇格するが、海外に職を求め、勤続10年を前に退社。公邸料理人の職を得てスイス・ジュネーブ、アメリカ・ニューヨークでキャリアを積むなどした後、2010年より現職に就いた。

英国で懐石料理の神髄を伝える多才の料理人 海外の日本料理を次のステップへ
http://webmagazine-globalmanager.com/feature/07/18.html

実は今、石井さんは今日からシンガポールで開かれている「WGS(ワールドグルメサミット)」に招聘され、腕をふるっています。

4月6日には世界のメディアを集めて特別料理のイベントを行います。

そこでのテーマは「東北応援」。
Culinary Masterclass & Luncheon at Miele featuring Yoshinori Ishii

スクリーンショット 2016-03-28 07.51.21

気仙沼の魚や野菜、三五八漬けなど東北の食材を使い、

供するお酒は宮城の銘酒「浦霞」。

http://www.worldgourmetsummit.com/wgs2016/main.php/partner/details/id/324

震災から5年たち、「東北復興」という言葉はメディアもあまり取り上げなくなりましたが、

そんな中、世界に注目される発信力のあるシェフがこういった活動をしていただくのは本当にうれしいことです。

ロンドンでの滞在最後の日(3月14日)には現地歌手の鈴木ナオミさんによる震災記念チャリティコンサートが盛大に開催されましたし、もちろんロンドン以外でも、3.11には世界各地で追悼イベントが開催されました。
(その話はまだ別の機会に書きます)

海外に住む日本人の皆さんが故郷を想う気持ちは日本に住んでいる私たち以上。

「東北がんばれ」「福島がんばれ」

まだまだ、暖かい応援が続いているのです。