新鮮な視点にハッとする、ベトナム人医学生の東北旅動画がFacebookでバイラル中。

外国人留学生が東北を旅し、その魅力を海外にアピールするインバウンドプロジェクト「GoGoTohoku」。

仙台在住の留学生たちが旅で撮った動画や写真がFacebookに日々アップされている。

どれも素晴らしいが、特に秀逸なのが、Nguyen Chi Long さんが撮る動画。

Longさんは東北大学大学院研究科の医学部に在学中のベトナム人留学生だ。

13412207_10208017810657437_8813635092089939135_o

Longさんの撮った ”24 hours in Sendai – Travel Challenge in Tohoku Japan”は、8月15日にFacebookにアップされるやいなや、ビューがみるみる上がり、約1週間で再生2万2千回、シェア184件、リーチが6万超というバイラル動画となった。

海外の若者の瑞々しい感性。

七夕の飾りをうまく使った美しい色使いにはっとする。

出演する女子留学生たちの浴衣姿も美しく、仙台、そして日本の魅力を余すところなく伝えている。

LongさんのFacebook投稿のコメントをぜひ紹介したい。

”これは、私が仙台について撮影したビデオです。私は本当に仙台が大好きで、数年間ここにいるつもりです。しかし、こんなに素敵な仙台なのに、ググって見ると地震と津波の写真ばかりで私にとっはとても悲しい事でした。それがきっかけになって仙台の美しさを広げる為にこのビデオを作りました。皆さん、ビデオをご覧頂き是非シェアをお願いしま~す!”

>こんなに素敵な仙台なのに、ググって見ると地震と津波の写真ばかりで私にとっはとても悲しい事でした。

これは本当にその通り。あまり報じられていないが、東北の情報は大震災によるネガティブなものばかりで、リアルな東北の情報が非常に少ない。

これは東北の大きな課題だと感じている。

特に福島の場合、英語で検索すると第一原発の写真ばかりという厳しい現実がある。

今回のLongさんの動画のように、東北の魅力が海外の若者の手によってこれからどんどん発信されていってほしいと期待している。