ハロウィンでピコ太郎(PPAP)コスプレやってみた。

ハロウィンでピコ太郎のコスプレをやってみました。

旬ですし、個人的にPPAP大好きなので。

w500_b45d987b12cf587595f168ccf7217850561307b4866d8355
画像:modelpressさんよりお借りしました)

ピコ太郎さん、わかりやすい衣装なんですが、これを揃えるとなると結構大変なんです。

私が住む福島市ではまずあんな派手な衣装は売っていないし、男性と女性の違いもあります。

ということで基本Amazonで探してコーディネイトしてみました。

ピコ太郎コスチュームは、

1,パイソン柄の上下(実はヒョウ柄ではないのです)

2,黄色のヒョウ柄の長めストール

3,パンチパーマ

4,薄めのサングラス

あと細かい点を言えば、金のチェーン、白の靴。

そこまで完成度を求めなければ、「アニマル柄の服にヒョウ柄のストールにサングラス」だけでもそれっぽくはなるでしょう。

ヒョウ柄のストールは、いろんなメーカーが出していて探しやすいアイテムですが、「黄色」指定となると売り切れか入荷待ちが多くなります。

他の色が残っている中で黄色だけが売れているところを見ると、間違いなくピコ太郎効果でしょう。

レコメンドにサングラスやパイソン柄のメンズシャツがばんばん出てきてました(笑)。

パイソン柄の上下がこの衣装の中で最もハードルが高いアイテムになります。

レディースでもなかなか探せませんでしたが、検索ワードを「シルクシャツ」に変えてみてヒットしたものがあり、それが見事にパイソンでした。

9800円と値が張りましたが、スーツ下などにふだんにも着られるデザインなので購入。

そして「金色パンツ」ではなく「スパッツ」にするとちょうどいいものがヒットし、見事ゲットできました。

あとはヘアですが、やはり女性の場合、角刈りのウィッグというわけにもいかず、短めのアフロしかないでしょう。

ということで、こんな感じに揃えることができました。

img_9326

サングラスは手持ちのものがレンズが濃いのもばかりだったので、薄めのものを2000円で購入、ついでにフェイクの喜平チェーンも。靴は手持ちの白パンプスで。

しめて17669円。

シルクシャツがなければ1万円以内のコーデです。

さて、このスタイルで昨日、街なかを実際に練り歩いてみたわけですが、

ここまでやったのに、反応が薄いのです。。。

つまり、ギネスにまで登録されて連日ニュースを賑わすすごいブレークっぷりなのに、まだまだ「PPAP」の認知度は、少なくとも福島(地方都市)ではそこまでではなかったわけです。

まだまだ、「ネットユーザー」が中心の認知度なのでしょうか。

最初に気づいてくれたのが幼稚園生でした。

「あっ、ピコ太郎だ!」と言ってくれたときのうれしさといったら・・・(泣)

思わず「アン!」というペン刺しのポーズを強めにやったら大受け。

これがきっかけでいろんな人に声をかけられ、記念撮影となり、そのたびに「アン!」をやりました。

ピコ太郎コスは、リンゴとペンの「アン!」をやり続けてナンボ、動き込みのコスなんですね。

動きはこちらをご参考に。笑えます。

反省点としては、ボトムスはスパッツではなく、パジャマっぽいとろみのあるストレートパンツのほうがたぶん雰囲気出ますね。

スパッツだと、大阪のおばちゃん感が強すぎて、あるいは往年のディスコみたいになってしまうようです。

14907675_1304941402874163_4508354737504277999_n

ちなみに今回はグループでハロウィンイベントの参加で、「復興局長が扮するドナルドトランプ」「ラジオアナウンサーが扮する貞子花嫁バージョン」、そして「ロスから帰国中のエグゼクティブウーマンが扮する猫メイド」という構成でした。

何しろバラバラなので、女性3人は猫メイクで統一感を持たせてみました。(統一感になったかどうかわかりませんが 笑)

14572789_1304941412874162_3509579439533852512_n

最後になりますが、これからハロウィンでピコ太郎をやるのであれば、衣装だけでなく音楽も携帯して流しながら歩くと踊りやすいしわかりやすいし気分もあがると思います。