FacebookとGoogle+(グーグルプラス)はどう違うか

FacebookとGoogle+(グーグルプラス)に関して、

「どっちが良くてどっちがダメ」といった議論は意味がないと思っている。

なぜなら、同じソーシャルメディアに分類されていても、両者は考え方がかなり違うからだ。

 

ソーシャルメディアに参加することで、私たちが得られるものはたくさんある。

代表的なものは「人との交流」、そして「情報収集」。

 

Facebookも、Google+も、当然ながら両方とも得られるが、

主軸になるものが違う。

Facebookの主軸は「友達との交流」、

Google+の主軸は「情報」。

 

Facebookの「ニュースフィード」に流れてくるのは、ほとんどが友達の近況だ。

写真や日記など友達自身の投稿と、どこに行った、何にいいねと言った、誰と友達になった、どんなイベントに参加した、という「友達のニュース」である。

(ファンになっているFacebookページの更新情報もあるが、アルゴリズムが友達優先なのか、ほとんど流れてこない)

それに対して、いいねやコメントで「突っ込み」を入れて交流を楽しむ。ここがFacebookの面白いところだ。

しかし、Facebookの場合、友達になるのは、基本会ったことのある人という縛りがある。名前と顔が一致しない人は友達ではない、という考え方だ。

さらに友達になるには「申請」「承認」という2つのステップがあるので、自分が友達になりたい人とは友達になれないケースが多い。

知り合い同士の「交流」は非常に楽しいが、「情報収集」という観点で見ると偏ってしまう。Facebookでは、誰と友達になっているかが情報の質を左右するのだ。

 

 

一方Google+は、「交流」よりも「情報」のほうに主軸がある。

Facebookのように「友達」という双方向の関係ではなく、「フォロー」という一方向の関係なので、

興味があればどんどんフォローをし、ノイズになった場合ははずす。つけはずしは全く自由。

そういう意味ではTwitterと考え方は同じだが、Google+はもっと柔軟な「サークル」という機能がある。

グルーピング機能というと、TwitterやFacebookの「リスト」、Facebookの「グループ」があるが、

サークルは、そのどれとも違う。マネジメント機能を持った全く新しいグルーピングシステムなのだ。

 

一番違うところは、

「誰をどのカテゴリにグループ分けにしたのか」が完全非公開であること。

たとえば「親しい友達」というサークルを作ったとする。

これがもしメンバーが公開されていれば、

「Aさんは入れてもらったのに私は入れてくれてない」とか、「Bさんに悪いからこのサークルにいれてあげなきゃ」といった、「人間関係のしがらみ」に影響されてしまい、機能性が失われる。

しかしサークルでは、100%自分基準、自分の頭の中そのままにフォローしている人をカテゴリ分けできる。ドラッグアンドドロップで、一日何回でも入れ替えができるのだ。

例えば私は「Geeks」(オタク)というサークルを作っていて、海外の人も含め、Google+に関しての技術的な内容の投稿をする人を集めている。ストリームを「Geeks」にスイッチすれば、Google+の情報を一気に仕入れることができる。毎日新しいGeekの人が現れるので(笑)、その都度メンバーは増えていく。

「オタク」にカテゴリ分けしちゃって、その人に悪いかしら、などと考えなくていいので気が楽だ。

 

もちろん、Google+においても人との交流は盛んに行われている。

昨日はある人の投稿にコメントしたことがきっかけで、会って情報交換をすることになり、アポイントをその場で決めてしまった。

しかし、Google+を10日ほどやってみて、一ユーザーとして感想を言うと、

得られるメリットは「交流」より「情報」がはるかにまさっている。

 

親しい友達との交流を楽しむFacebook。

広く情報を得られるGoogle+。

 

どちらも私にとっては重要なので、

時間配分をしながら、この二つを目的別にうまく使いこなすことが、

新たな課題になった。

 

ふー、一日28時間ほしい(笑)。

 

■私のGoogle+のアカウントはこちら(ぜひフォローしてくださいね)