f8 Tokyo 2011に参加して感じたFacebookのこれから。

Facebook開発者向けイベント「f8 Tokyo」に参加してきた。

とても良いイベントだった。

都心から離れた雰囲気のある小さなホテルCLASKAで、

参加者は200人。

Facebookというテックなイメージを裏切るような手作り感のあるアットホームなもので、

提供される食事はすべて美味しかった。

それでいて、もちろんWi-Fi環境は完璧。

日本法人代表の児玉太郎氏よりユーザーが500万人になったという正式発表もあった。

 

日本のFacebookはここから本格的に始まる。

そう感じさせるのに十分だった。

 

9月23日、サンフランシスコで行われたf8では、

新しいプロフフィール「タイムライン」、そしてオープングラフをつかった新しいアプリについて発表があった。

今回のイベントは、アメリカでのf8の内容を踏まえ、

「どうやって新しいアプリを開発するか」という具体的な内容が多かった。

 

コードがたくさん出てきて、文系人間の私には正直難しかったが、

提供されるセッション内容、

参加者の熱心さ(若さ!)、

Facebookのカルチャーが反映された会場運営などなど、

全体の雰囲気から感じたのは、

「これからFacebookの時代が来るなあ」

ということだ。


ランチビュッフェの様子。もちろん、参加者同士のネットワーキングの場でもある。

 

何か、すごいものがすごい規模で動いている。

そしてそれは、間違いなく時代を牽引している。

私たちを、今までに見たことのない世界に連れて行ってくれる。

 

「情報があなたにやってくる」

 

キーノートセッションで、FacebookシンガポールオフィスのAlexander Kleinberg氏が語った言葉が印象的だった。

Facebookを端的に表している言葉だ。

私たちは、これまで自分のほしい情報を探すために「検索」を行っていた。

インターネット=検索。

インターネットでは、情報は自分から取りに行くもの、と誰もが思っていた。

しかしFacebookの発想はこの逆。

情報が自分にやってくるのだ。

「私は日本でいいレストランを探すのに、検索したりはしません。児玉さんに聞けばいいからです。

カメラを買うときも同じ。自分をよく知っていてカメラに詳しい人にどのカメラを買うべきかを聞くのです」(Kleinberg氏)

日常行われているこういった行動を、インターネット上でも実現する。

「人」を介して、自分に必要な情報が得られる。

それは、私たちの生活をより便利に、楽しく、豊かにしてくれるに違いない。

 

「情報が向こうからやってくる」を実現するのに、アプリが果たす役割は大きい。

友達と経験をリアルタイムに共有する、活動をアーカイブする、ワンクリックで追体験する、口コミをより深く広げることができるなど、

たくさんのことがアプリで可能になる。

今回新しく発表された「オープングラフによるソーシャルアプリ」は、さらに進化し、

私たちのFacebookでの経験を、より面白くさせてくれるものと言えるだろう。

 

ケーススタディで登場した、日本最大のレシピサイトクックバッド

今回の新しいアプリ開発の「ローンチパートナー(サービス開始に協力するパートナー企業)」として、

オープングラフによるアプリ(料理レシピのアプリ)を日本で初めて開発した。

クックパッド技術部長の井原正博氏は、

「Facebookとの開発をやってみて、わからないことが多く大変だったけれど、プラットフォームとしてはすばらしい。特にJapaScriptなどは感動的」

と語った。

(井原氏のプレゼンは相当面白く、一気にファンになってしまった)

私自身も何人かの開発者に聞いたが、

情報を惜しみなく出すこと、開発しやすく工夫していることなど、

プラットフォームとしてのFacebookの評価はかなり高い。

 

これから、日本でも次々にオープングラフアプリが開発され、

私たちのまわりで、

面白いこと、楽しいこと、クールなことがたくさん起きてくるのは間違いないだろう。

 

イベントの最後は、お酒を飲みながらのネットワーキングタイム。

「Facebook」「ソーシャル」という共通のキーワードに真剣に取り組む人ばかりで、

初対面の人でも話は尽きなかった。

 

2011年のf8 Tokyoは終わったばかりだが、

このスピードに乗っていけば、来年Facebookは今よりも何段も上にかけのぼっているはずだ。

 

2012年のf8で何が発表されるのか、皆目見当がつかないが、

今からとても楽しみだ。


はてなの近藤氏、Facebookの児玉氏と。

★おまけ

お土産のFacebookグッズ。f8のTシャツ、ポストイット、キーホルダー。

イベント中、スタッフのTシャツいいなーと思っていたのでうれしかった。どこで着ようかな。

熊坂仁美のフィード購読